海外旅行が楽しくなる!旅行時スマホに入れるべきアプリ「google翻訳」

CMで近未来のシーンがありました。

外国の方とおばあちゃん(やったかな?)が機械を通して会話をするといった内容です。

しゃべった内容が相手の母国語に変換されてスピーカーから流れるというシステムでした。
CMを見て「あー、こんなのが出来たら便利だなー。」と思ってました。

って思ってたら、それにほぼ近い形がすでに完成していました。
その名は「Google翻訳」です。

スポンサーリンク

Google翻訳以前のお話

英語が出来ないくせに海外旅行好きの我が家にとって、スマホの翻訳アプリは必須のアイテムと思っていました。

話した日本語が音声認識で英語(もしくはその他の言語)に変換される。
最初見たときこれだ!って思ってました。

我が家がつい最近まで使っていたアプリ

translator
Translator:音声認識の精度が高いです。

jibbigo

Jibbigo:なんとオフラインで翻訳機能が働きます。
(まぁ、その分容量使いますけどね。。)

両方ともとっても良いアプリなんですが、ちょっとだけ難点が。。。
両アプリに共通する難点、それは・・・

一回一回、会話のたびにボタンを押さなければならないこと。

この仕様は実際の場面ではとても不便でした。
なぜなら、相手にその方法を教えなければならないし、そのように操作してもらわないといけないから。

けっこう面倒だし、ほとんどの場合そんなことを伝える時間があるなら、たどたどしい単語とジェスチャーなどでコミュニケーションを取ったほうが早かったです。

というわけで、我が家での翻訳アプリは「自分の言いたいことを伝えるため道具」という使い方だけで、相互の会話を補助するところまでは使いこなせていませんでした。

そんな不満を解消してくれるアプリが「Google翻訳」

過去のアプリの
「いちいちボタンを押すなどの作業をしなければならない」
という不満をみごとに解消してくれたのがGoogle翻訳アプリです。

Google翻訳

このGoogle翻訳は、アプリを起動させるだけで上記の画面になります。
すでにマイクがオンされているので、スマホに向かってしゃべるだけです。
しかもどちらの言語(この場合日本語、英語)でしゃべっても問題ありません。

日本語をしゃべれば英語に、英語をしゃべれば日本語に自動変換してくれます。いったんアプリを起動すれば特にスマホを操作する必要もなく、どんどん翻訳し続けれくれます。(翻訳の垂れ流し!?笑)

冒頭のCMに近いことをしてくれるのがGoogle翻訳のすごいところ

もちろん、英語だけではなく中国語、韓国語、フランス語など、現在Googleの音声認識で変換対象となってる言語に対応しています。

旅行中、英語であれば、なんとか知ってる単語で理解できる部分もありますが、ドイツ語とか全く理解不能ですもんね。ホント助かります。

実はもっとすごい機能が実装されている

ほぼ同時翻訳機能だけでも「すごい!」と思えるのに、さらに夢のような機能が。。

このリニューアルされたgoogle翻訳、「写真を撮影するだけで翻訳してくれる」んです。

これは説明より実際の使用方法を紹介した方がいいですね。

google translator
まず、翻訳したい文章(看板などでも良い)を撮影します。
右上の「スキャン」ボタンを押すと、画面上の単語が解析されます。
(右下のインポートを使えば、すでに撮影してある写真をスキャンしてくれます。とりあえず写真に撮っておいてあとで翻訳する時なんかに便利。)

google translator
暗い場所で、手ぶれもあったのに、ちゃんと単語を1語1語認識しています。
翻訳したい範囲に問題が無いようであれば右の「すべて選択」を押します。
(単語の意味1つだけを知りたい場合は、その単語をタップします。)

IMG_3572
条件が悪い中での作業でしたが、ほぼ問題なく翻訳できています。
OCR(光学文字認識:画像から文字にする技術)の精度がとてつもなく高い気がします。

実はこちらの方(OCR)も昔からいろいろなアプリが出回っていました。

しかし、そのほとんどは単語認識(つまり辞書的な機能)で、文章全体の翻訳まではなかなか難しかったんです。

でも、グーグル翻訳のアプリはそれをやってのけました!!

どうですか?すごくないですか?
この機能があれば、現地の雑誌や看板などを読むことができるようになります。

例えばこれ。ドイツ語の看板です。重要なことが書いてあったら困りますよね。

IMG_3578

でもご安心を!グーグル翻訳があれば一瞬で翻訳してくれます。

IMG_3579

素晴らしいの一言。
早く海外で使ってみたいです!

スポンサーリンク