関西限定ネタ!格安航空(LCC)のピーチとジェット・スターを徹底比較してみました

我が家はピーチのヘビーユーザーです。

前々から嫁が「どうしても別府の地獄めぐりと温泉タマゴが食べたい!」
とワガママを言ってました。ピーチは九州方面が充実(福岡、長崎、鹿児島)してますが、残念ながら大分には飛んでいません。

なので、大分はなかなか難しいなーって思っていたのですが、タイミング良くジェットスターがセールをやってました。ジェットスターは大阪ー大分があるんですねー。

「関空〜大分」片道が1,980円!
ホント、申し訳ないですっ!て感じの価格です。

大分・別府のお話はまたの機会ということで、今回初めてジェットスターを利用しました。
いつもピーチを利用しているので、「アレッ?」って思う点がいくつかあったので、箇条書き・対決形式でまとめてみたいと思います。

ジェットスター

スポンサーリンク

ピーチVSジェットスター・ターミナル対決(関空)

ジェットスターはJALやANAと同じターミナル1。
ターミナル1はリムジンバスで行った場合でも、電車を利用して行った場合でも、アクセスが良くとても便利です。

それに対して、ピーチはターミナル2。
リムジンバスだと、ターミナル1の次なので約10分程度乗車時間が長くなります。
電車の場合はさらに不便で、ターミナル1にある駅から無料のシャトルバスでターミナル2に向かわなければなりません。

一見すると、ターミナル2のピーチの方が不便に思えるのですが、実情は少し違います。
もちろん、ターミナル自体の比較では間違いなくターミナル1の方が便利です。

しかし、ジェットスターに限って言うと、少々不便です。
理由は「ボーディングブリッジ」です。

ボーディングブリッジ?何それ?
って感じですね。

ボーディングブリッジ

ボーディンングブリッジというのは、空港のゲートから飛行機に搭乗する際、飛行機にくっついている通路(ジャバラみたいになっているヤツ)のことです。

実はアレ、使用料が取られます。なので、少しでもコストを下げたいLCC会社では使わないケースがとても多いです。(LCC専用ターミナルのターミナル2にはそもそもボーディングブリッジが無い。)

ボーディングブリッジを使わない場合は通常、ゲートからバスを利用して駐機スポットに移動します。100名から200名をバスでピストン輸送するわけですから、搭乗するまで時間がかかります。

またボーディングブリッッジ無しのゲートはターミナルの端っこなので結構歩きます。
ゲートまでまあまあ歩いて、飛行機までバスで移動。便利なターミナル1なのですが、入ってから時間がかかります。

なのでジェットスターの場合は、少し早めにターミナルに向かう必要があるんじゃないかなって思います。

*注:もちろんジェットスターでもボーディングブリッジを使う場合があります。

boarding bridge bus

一方、
ピーチが使っているターミナル2はボーディングブリッジが無い、と言うより平地なのですべて歩きです。

飛行機まで直接歩きます。
ただ、ターミナル2は全体がとてもコンパクトなので、そんなに歩いた感じはしません。

ジェットスターとピーチの比較だけで言えば、利便性はそんなに差が無いと思います。

関空第2ターミナル

ピーチVSジェットスター・チェックイン対決

チェックインは両社かなり違います。

ジェットスターは大手(JAL、ANA)と同じ様なシステムです。
事前にWEBでチェックインすることができます。

ただ大手とは違い、チェックインのバーコードを印刷(必須)しなければなりません。

ピーチの利用が多かったので「へー、ジェットスターは印刷するのかー。」と思いました。
印刷しておかなければ、ターミナルのチェックインカウンターで再度チェックインを行う必要があります。

対して、ピーチのチェックインですが。。。
基本的に事前チェクインは出来ません。
必ずターミナルにある端末でチェックインをする必要があります。

と書くとなんだか面倒臭そうですが、チェックインにかかる時間は30秒もかかりません。

予約完了時にメールでバーコードが届くので、それを端末にかざして終了です。
バーコードは印刷して持って行ってもいいですし、直接スマホに表示させてスキャンさせることも可能です。

端末にバーコードかざすと、スーパーのレシートの様なものが出てきます。それが搭乗券です。(初めて見たときはびっくりしましたが、もう慣れました。笑)

チェックインは慣れの問題もありますが、ピーチの方が簡単でわかりやすいと思います。

peach checkin

手数料と受託手荷物

意外と知られていないのが、予約時に必要な「決済手数料」。
なんと多くのLCC会社は、クレジットカードなどの決済を選択しても決済手数料を取ります。

そんなの気にするなんてセコいという声も聞こえてきそうですが、元々のチケットの価格が安いので、気になってしまいます。(やはりセコい。笑)

クレジットカード決済手数料は1路線あたり、ピーチが330円、ジェットスターが430円です。
「なーんだ、100円の差じゃん。」と思わない様に。
夫婦2人の往復なら、ピーチは1,320円、ジェットスターは1,720円です。

片道2千円、3千円のチケット価格から考えると、高いなって思ってしまいます。
(まぁ、この費用を入れても安いわけですし。。決済手数料はLCC会社の儲けどころでもあるわけで。。)

最後は手荷物の比較です。

持ち込みできる手荷物はとても制限が厳しいです。
(これはLCCならではかも知れませんね。JAL,ANAの国内線はそんなに厳しくない。)
チェックインカウンター、もしくは搭乗ゲートに計りが用意されていることが多いです。

両社とも機内に持ち込める手荷物は2つまで。
1つの重さは、ピーチが10kgまでで、ジェットスターが7kgまでです。

持ち込み制限が厳しい中でのこの3kgの差は大きいと思います。
ちなみに、受託手荷物(航空会社に預ける)は両社とも1つ1,030円からです。

Baggage air

まとめ

いろいろと比較(ちょっとセコい部分もありましたが。。)してきましたが、ピーチにしてもジェットスターにしても、大手航空会社から考えたらとっても割安。
セールを利用すればとても安く飛べますが、通常の予約でも全然安い!

LCCの登場で、国内旅行がとても行きやすくなりました。
ピーチとかジェットスターとか気にせず、お得なチケットを見つけたらガンガン予約して飛び回りましょう!!

オススメの記事

とても沢山のお問い合わせを頂くので、まとめてみました。 LCCのピーチでマイルが貯まるのか? 結論から言うと残念ながらマイルは貯まりませ...
スポンサーリンク