5:簡単!マイレージ生活!基礎編「マイルとの上手な付き合い方」

長い間お付き合いありがとうございました。
今回がマイル基礎講座の最終回です。

前回の記事

せっかく貯めたマイル。どうやって使うのがお得なのでしょうか?ケースバイケースでお教えします。
スポンサーリンク

マイルを貯めることができるクレジットカードの種類

マイルを貯められるカードは大きく分けて2種類あります。

1つは、航空会社が直接発行するカード

JAL

ANA

これはマイルを貯める為の口座(マイレージ口座)がすでにセット(ヒモづけ)されているカードです。カードブランドはJCBやVISAなど大手のブランドを選ぶ事が出来ます。

もう一つは提携クレジットカード

航空会社に直接関係の無いカードなんだけど、貯めたポイントをマイルに交換できるタイプのカードです。例:ガソリン系カードや楽天カードなど

ただしこちらのタイプのカードは、独自のポイント(楽天ならRポイント)をマイルに交換する事になるので還元率を考えると悪くなるケースがほとんどです。

例えば、楽天のカードでもらえるRポイント(100円=1ポイント獲得)は、そのまま使えば10,000ポイント=10,000円で使えますが、マイル(ANA)に変更すると、10,000ポイント=5,000マイルになります。

このタイプのカードでマイルと貯めるのは割が悪いです。

提携カードのポイント
このタイプのカードはマイレージに交換するより、そのままポイントとして使った方が良いです。ただし、割増(ポイント2倍、3倍など)でポイントが発生する場合は、この限りではありません。

マイルを貯めたいと思っている方は、航空会社提携(100円=1マイル貯まるタイプ)のカードを選ぶようにした方が良いです。

そうそう「ゴールドカードって必要?」とよく聞かれます

会費が高い上に、あまりメリットが感じられないのですが、年に2回以上海外に行く事があるなら、ゴールドもアリです。

上級カードにはいろいろな保険が付帯されて(もちろん海外保険も)いたり、カードラウンジに入れたりと旅行好きには、まぁまぁお得なサービスが付いています。
保険代や付帯サービスだけで年会費の元を取ったと考えることもできます。

また搭乗時のマイルが割増(JALカードの場合25%割増)で加算されるので、出張などで飛行機での移動が多い方はゴールドにしておいた方がお得です。

ただ通常の陸マイラーを目指すのであればレギュラータイプのカードで十分だと思います。

Credit Card With Money Ver3

その他のマイルの話

最後にマイルを特典航空券以外で使う方法をご紹介します。

実はマイルはお金に変える事が出来ます

お金と言っても、その航空会社で使える商品券の様なものですが。。。

昔は1マイル=1.8円程度の換金率だったのですが最近は1マイル=1.5円くらいです。(10,000マイル=15,000円の商品券)

この金券は、通常の航空券の購入やツアー代金に充当する事が出来ます。

東京ー大阪の航空券を買うときの足しにしたり、JAL(JALツアー)やANA(ANAホリデーやハロー)のツアーの代金の一部に回す事が出来るんです。

目標のマイル数に届かず有効期限が近づいてきた場合は、金券に換える事をオススメします。

我が家はお得なツアーがある場合は、マイルをポイントに替えてツアーを予約しています。

特典航空券をゲットせず

パッケージツアーでマイルを消費することが出来ます。

例えば、大阪ー沖縄の特典航空券は15,000マイル必要ですが、これを金券に換えると22,500円分の価値。沖縄ツアーで23,000円くらいのパッケージツアーがあれば、そっちの方がお得ということになります。(宿泊費がツアーに含まれているので。)

格安ツアーはヒマな時間帯の便が指定されていたりするので、時間を選べる特典航空券と比較すると制約もあるのですが、お得と思った時はツアーで旅行に行きます。

(しかもパッケージツアーの場合はお金を支払っている事になるので、飛行機に乗った分のマイルが少しだけ貯まります。マイルで買ったツアーでまたマイルが付くなんて、少し変な感じです。。)

陸マイラーへの道まとめ

全5回に渡り、マイレージ生活の基礎編をお送りしました。まとめると。。。

1:まず行きたい場所を決める。
それにより貯めるマイレージのグループ(アライアンス)が決まる。
2:マイレージ口座とクレジットカードが紐ついたカードを作る。
3:お財布から1万円を出すのではなく、カードで1万円を支払う。
銀行引き落としなんて論外!クレジットで引落しても支払う金額は同じ。
4:自分のお金だけでなく、他の人のお金も利用する。
宴会幹事をする!(笑)
5:マイレージの有効期限は3年。ビジネスクラスで使うとお得度が最大化する。

5回にわたりお届けしたマイルの基礎講座は以上となります。
最後までお付き合いありがとうございました。

 →さらに上の知識!マイル講座応用編はこちら!1年以内にANA-マイルでハワイに行く方法

補足

基礎講座の1回目でもお話ししましたが、「どうせお金を使うならカードで払った方がお得!」と言う観点からマイレージのお話をしていますが、マイルにこだわる必要も無いと思います。

普通のカードでポイントを貯める。その還元率(何度も出てきましたね。100円=1ポイント。1ポイントが1円で使えるなら還元率は1%となる。)が良かったり、割引率が高い場合(イオンの日とか。笑)はマイルにこだわる必要は無いからです。

あまりにお問い合わせが多いので、追加記事書きました!
マイル獲得に最適なクレジットカードについて

オススメの記事

2016年度一押しのマイル用クレジットカードです! 絶対マイルを貯めて海外旅行に行きたい!という方に、現在最速で海外に行けるクレジット...
→「簡単マイレージ生活!基礎編」を最初から読む

スポンサーリンク