4:簡単!マイレージ生活!基礎編「貯めたマイルの使い方」

今回は上手なマイルの使い方についてお話します。
せっかく貯めたマイルもうまく使わないと損しますよ!

前回の記事

マイルを貯めるっていうけど、どこの航空会社で貯めたらいいの?JAL?ANA?それともマイルって全部同じ?の疑問にお答えします。

前回3つのグループ(アライアンス)があるとお話ししましたが、各グループともマイルを使う時のルールが少しづつ違います。

例えば、JALは目的地別(ハワイとかサンフランシスコ)で設定されているので、とても分かりやすいですが、乗り継ぎが必要な超長距離の航空券の取得が難しいです。

ANAは距離で使うマイルが決まります。
世界一周を無料(サーチャージ別)で周ることも可能です。

デルタは席さえ空いていればどんな時でもマイルで席を取る事ができます。
(変動相場制。安いときもあれば高いときもある。)

私の場合、JALがメインですので、本日はJALを中心にお話したいと思います。

Sunset Airport

スポンサーリンク

マイルを国内線で使用する

出発地から見て3タイプの区間が存在しています。
それぞれのタイプによって使うマイルが決まってます。(A、B、C区間)

例えば、東京ー大阪なら12,000マイル(A区間)、大阪ー沖縄15,000マイル(B区間)と言った感じです。もちろん往復の航空券です。

東京ー大阪で考えた場合、通常料金は往復約30,000円程度ですので、この場合1マイルの価値は約2.5円となります。

実はマイルは国内線で使うと、燃油チャージが発生しない分結構お得です。

その他でマイルを使ったお得な方法としては、おともdeマイル(ANA:いっしょにマイル割)があります。

これは、本人は10,000マイルを使い、一緒に旅行に行く人が20,000円〜30,000円で往復の航空券が取得できるという仕組みです。

例えばこの仕組みで夫婦2人、大阪ー沖縄へ行くには10,000マイル+25,000円のみで可能です。夫婦2人で実質25,000円と安ホテル代だけで沖縄旅行が楽しめます。

我が家では、この仕組みを良く使って国内旅行に行っています。

ANA B763 (JA8368) & JAL B772 (JA008D) @ UKB/RJBE

マイルを国際線で使用する

国際便でマイルを使う場合、注意しなければならないのは燃油サーチャージの存在です。

特典航空券は燃油サーチャージは別扱いなので、別途必要となります。

例えばハワイへのエコノミーチケット代は時期にもよりますが、ネットなどで9万円〜12万円といったところです。このうち3万円程度が燃油サーチャージなので、実質チケット代は6万円〜9万円になります。

これを先ほどの必要なマイル数(40,000)で割ると。。。1.5円〜2.2円になります。

実を言うと、マイルの価値換算で考えるとエコノミーの場合あまりお得とはいえません。
還元率だけをとらえると、カード会社のポイントで商品券をゲットした方が良い場合があります。

とは言え、無料でチケットがゲットできているので、お得なことには変わりません。
(JALの場合、30,000マイルでハワイの設定があったりするので、エコノミーでもかなりお得に飛べます。)

Destination: paradise [explored]

多くのマイラーが狙っているもの。それはビジネスクラス

再度ハワイの例で考えてみましょう。

ビジネスクラスの場合はあまり価格の変動がありません。サーチャージを除いた実質チケット代は20万円程度になります。
必要なマイル数は60,000マイルなので。。。。3.3円の高還元率になります。

しかも、以前お話ししたディスカウントを適用すると。。。50,000マイルでOKなので、還元率は4円程度となります。

ハワイではイメージできません?ならばヨーロッパ路線ならどうでしょう?

JALでパリまでビジネスクラスで往復すると、時期にもよりますが大体50万円から70万円します。
マイレージも85,000マイルとたくさん必要ですが、それでも商品券85,000円ではビジネスクラスには乗れませんね。

マイルを貯める際は是非ともビジネスクラスを狙ってみてください。

マイル クレカ 比較

シャルルドゴール空港のラウンジ。ビジネスクラスだと使える!

まとめ

意外と侮れない国内航空券。
特典航空券はもちろんお得だけど、ビジネスクラスを狙うことで、マイルのお得度が最大化する。

次回はいよいよ最終回。カードの種類やマイルの注意点、あととっておきの話をします。

次の記事

簡単マイレージ生活基礎編の最終回の今回は、マイレージを貯めるためのカード選びについてお届けします。陸マイラーへの道は、まず最初が肝心。無理なく貯める方法を設定して、上手にマイルを貯めましょう。
→「簡単マイレージ生活!基礎編」を最初から読む

スポンサーリンク