3:簡単!マイレージ生活!基礎編「どこの航空会社のマイルを貯めたらいいの?」マイレージの使い方講座

本日はどの航空会社のマイルを貯めるか?です。
特に「どの航空会社?」この質問は多く受けます。マイルを貯める上で大きな悩みと言えそうですね。

前回の記事

無茶をぜず、普通のやり方でマイレージを貯める方法。貯めたマイルで旅行に行こう。

Chimney Beach Cove, East Shore, Lake Tahoe, NV.

スポンサーリンク

どの航空会社でマイルを貯めるか?を決める

世界には大きく分けて3つのグループ(アライアンスと言います。)があります。

JALはワンワールドグループ、ANAはスターアライアンスグループにそれぞれ属しています。
例えばANAのマイルを貯めてて、スターアライアンスグループのユナイテッドの飛行機に乗ったら、ANAのマイレージに加算されます。アライアンスが違えばマイルを加算する事は出来ません。(例:ユナイテッドに搭乗してJALのマイルに付ける事はできない。)

マイルを貯めるぞ!と考えた時、まずは自分にとってどのグループがいいのかを検討しましょう。

一番大きなグループははANAのスターアライアンス。アライアンスが多いという事は行きたい場所にスムーズに行ける事を意味します。

JALの属するワンワールドは、アメリカン航空やブリティッシュが加盟しています。規模は一番小さいですが欧米に強いのが特徴です。

最後の一つはデルタ航空を中心としたスカイチーム。付与されたマイルに期限が無いケースがあります。ただし使用時のマイル設定は高設定です。
(マイルは貯まりやすいけど使いたい時にもたくさん必要。)

どのアライアンスグループでマイルを貯めるかは、どこでマイルを使うか?(どこに旅行に行きたいか?)によって変わってきます。

例えば日本国内で使いたい場合は、JAL、ANAともに便利です。(ANAの方が便数が多い。)

しかし、大阪在住でハワイに行きたい!となると、2016年現在ANAからハワイへの直行便が無く、関空からアライアンスグループの便で飛ぶか、羽田(成田)経由で行くしかありません。JALだと関空からの直行便があり便利です。

グァムに行きたいとなると、話は全く逆になります。JALには関空からグァムまでの直行便が無く、一旦東京に飛ぶ必要があります。(ANAには直行便あり。)

私個人としては、先の合理化によりJAL関空ーバリ島直行便が無くなった事が非常に残念です。

Budget Airways @ Changi Airport, Singapore

アライアンス=所属グループのメリットも考える

マイルの特典航空券(無料チケットの事です。)は設定がある限り、その地に行く事が出来ますが、行くルートに関しては各会社の得意不得意がありますので、行き先(使い方)をよく考えた上で参加するグループを決めると良いと思います。

またアライアンス内では航空会社どうしでマイレージを融通することができます。(例:JALで貯めたマイレージをアメリカン航空で使う。)

例えば、JALの特典航空券の設定ではロサンゼルスまでしか行けないけど、アメリカン航空で特典予約をするとちょっと先のラスベガスまで無料で行くことが出来たりします。

ただし同じグループ内とはいえ、別の会社(アメリカン航空)でマイルを交換して使う訳ですから、多くの場合使うマイルが割高になります。

この場合は実際に支払う金額とマイレージの必要数を考えながら、お得度を考慮して特典航空券を押さえる必要があります。

ちなみに我が家では3グループすべてを押さえています。
3グループ押さえていれば、格安ツアーなどでどの飛行機に乗ってもマイルが貯まるからです。我が家はメインはJAL、サブにANAって感じで貯めています。

The Transept, North Rim, Grand Canyon National Park

マイルの基本的な使い方

行きたい場所のマイルが貯まれば、各会社のホームページ、もしくは電話で特典航空券を取得する事が出来ます。

ただし便により特典航空券の枚数が決まっていますので、人気のある路線への予約は早めにしないと取れません。(例:ハワイ便など)

国内便に関しては、ANA、JALとも結構取りやすい感じがします。

必要なマイルに少しだけ足りないんだけど、何とかならない?という話を良く聞きます。基本的には何とかなりません。規定のマイルが無ければ特典航空券と交換する事は出来ません。

ただ、稀にお金を支払えばマイレージが買えるサービスをしている航空会社もあります。
(例:デルタ航空。年間購入数制限有り。)

【ここだけの話!】

取りにくいと言っても、実はピークシーズンでなければ、かなりの確率で直近の予約をする事が出来ます。
例えば、特典航空券関空ーハワイの今月後半(今から約2週間後くらい)のJALの空き状況を見るとスッカスカです。

ほとんどどの日でもハワイの特典航空券を入手する事ができそうです。これは最終的に席が埋まらないため、特典航空券用に席を解放しているためと考えられます。ですのでお盆や正月のピーク以外で有効なテクニックです。

まとめ

マイルを貯める前に「貯めて何をするのか?」を決めておかないといけない。
それによって貯めるアライアンスグループが決定する。

次回は貯めたマイルの使い方をお届け致します。
せっかく頑張って貯めたマイル。使い方で損したくないですよね!

次の記事

せっかく貯めたマイル。どうやって使うのがお得なのでしょうか?ケースバイケースでお教えします。

→「簡単マイレージ生活!基礎編」を最初から読む

スポンサーリンク