クリスマス編−初心者のための東京ディズニーランド攻略

個人的には、クリスマスというキーワードが日本で一番似合う場所はディズニーランドだと思っていますが。。。それは思い込み過ぎ?ですかね。笑

さて、今回は

スポンサーリンク

地方から行く、初心者のためのクリスマス・ディズニーランド攻略法

をお届けします。(残念ながらマニアックなネタはありません。)

例年、東京ディズニーランドは11月上旬〜クリスマスの12月25日まで、クリスマスイベントを開催しています。

DSC00931

いつ行くか?

もちろん、クリスマスイベントなので、12月24日、25日は大変な混雑ぶりです。

通常の来園者に加え、クリスマスの雰囲気だけを楽しむ関東周辺のカップルが夕方からドッと押し寄せて、エレクトリカル・パレードや、ファンタズミックなどのナイトショーの時間帯が混雑のピークになります。

このクリスマス、クリスマス・イブを越えた日から年明け3日くらいまでは、1年で2番めに混雑する期間です。出来ることなら避けたい期間です。(ちなみに最も混む期間は3月下旬)

反面、その他の日は比較的空いていることがあります。(と言っても12月の週末、特に土曜日は絶望的な人の多さです。)

もし、融通の利く予定を立てることが出来るなら、以下の順で考えてみてください。

1:11月の平日

実を言うと、かなりの確率でスッカスカの日があります。

シーなら「アトラクション、乗り放題?」のように感じたり、ランドでも「こんな日もあるんだ」というくらい人が少ない日があります。

注意としては、来園者数が少ないのでアトラクションが止まってたりします。(メンテナンスのため)ですので、事前に目的のアトラクションがストップしていないかを確認しましょう。

2:12月の冬休み前の平日

意外にもクリスマスイベントなのに12月の平日(前半)は空いてます。11月だと早すぎて雰囲気が出ないんですけど、12月ならばっちり!イベント期間中の穴場的な日程です。笑

3:土日で行くなら「日曜日メイン!」で

やはりお休みの関係で、土日で行くという方が多いと思います。

1泊2日の日程なら各日にランドとシーに行くことになりますが、意外なことに日曜日の方がわずかに人出が少ない確率が高いです。(本当にわずかな差ですが。)一番楽しみたい方を日曜日に持って行きましょう。

DSC01420

クリスマスイベントを楽しむアイテム

ディズニーランドを快適に楽しめる季節って短いですよね。たいがい暑いか、寒いか。(笑)

クリスマス時期にあったら便利なアイテムをリストアップしますね。

・使い捨てカイロ

これは必須です。無いと本当に困ると思います。

日中太陽が出ているときはそんなに感じないですが、夜になると浜風も手伝ってかTokyo DisneyLandは「底冷え」のような感じになります。複数個用意しておきましょう。

・フリースタイプのひざ掛け

疲れないためにも極力荷物を減らしたいところですが、冬のひざ掛けは重宝します。是非ご用意ください。

防寒はもちろんですが、ショー待ちの時、地面に座るととても冷たいです。なのでここはレジャーシートではなく、起毛タイプのひざ掛け(もしくはミニ毛布)を用意しましょう。

・着替え

これは出来れば!でいいアイテムです。我が家もよくあるのですが、寒いからといって防寒をばっちり決めると、日中汗をかくことがあります。夜になり冷え込んだ時、風邪の原因にもなりかねませんので、念のため。

・保温水筒

これも出来れば!アイテムです。もちろんショップには温かい飲み物を売っています。

でも紙コップなので意外と早く冷めてしまいます。水筒なら必要な分だけ飲めるので便利です。(我が家はコーヒーを入れています。しかもホテルで予めインスタントコーヒーを作るという念の入れよう。笑)

いざパークへ!

行く日程も考えた!
防寒対策もバッチリ!
いよいよパーク入園ですね。

クリスマス時期のDisneyLandを楽しむには1にも2にも防寒対策です。

しかし、入念に防寒対策をしても、我慢できない時があるかも知れません。そんな時は以下のテクニックで暖を取りましょう。

・劇場型アトラクションに逃げ込む

ランドならキャプテンEO、フィルハーマジック。シーならビッグバンドビート、アリエルのラグーンシアター、アラジン。
または、屋内に並ぶスペース(スタンバイスペース)が長い大型のアトラクション(スターウォーズ、インディなど)へ。
ショップでゆっくりするという手もありますが、どんどん時間効率が悪くなるため、あまり多用しないようにしましょう。同じ暖をとるならアトラクション内で!

・本格的に暖を取る

身体が冷えきってしまった場合は、緊急避難としてホテル(東京ディズニーランドホテル、ホテル・ミラコスタ)のロビーに逃げ込みましょう。

宿泊客でなくてもロビーは利用できます。
(一番良い方法は、パーク前にあるホテルに宿泊することですけどね。)

DSC00859

その他クリスマス時期のポイント

クリスマス時期の東京ディズニーランドは、アトラクションがクリスマス仕様になっているものがあります。

例えば定番はホーンテッドマンションのナイトメアーや、カントリーベアーのジングルベル、ビッグバンドビートなど。

今年はじめてのバージョンなんてのがあったものなら、ファンが多く並んでとても混雑する場合もあります。

時間に限りがある場合は、この特別バーションをどうするか?もひとつの鍵となります。
(特別だから観る!のか、混んでいるから極力避けるのか?)

DSC00922

おまけ(余計なおせっかい)

いつも夜の景色がきれいなディズニーランドですが、クリスマス時期は特に夜のイルミネーションがきれいです。我が家の過去の写真をみても夜の比率が多いのはクリスマスイベント時期です。

パークに行く前に、お手持ちのカメラの夜景モードの使い方の確認をすることをオススメします。

スポンサーリンク