マネパカードの特徴をメチャクチャわかり易く解説!海外旅行に必携アイテム

海外旅行に持っていくモノで、最近必携とも言えるアイテムがあります。
それは「プリペイド式カード」

プリペイド式カードは、日本でカードに入金して海外でクレジットカードのように使えます。

現在多くの種類のプリペイド式カードがありますが、その中でも手数料が安くて評判のマネパカードについて、初めて聞く方でも理解できるようにまとめてみました。

マネパカード公式サイト

スポンサーリンク

マネパカードはプリペイドカード!プリペイドカードって何?

プリペイド式カードのマネパカードは、一見するとクレジットカードです。
いえ、クレジットカードのように使えますので、別モノとも言えませんが。。

マネパカードは日本でカードに入金して、海外でその金額の範囲分使えるカードです。

例:日本で5万円入金→アメリカで$500として使うことが出来る
($1=100円として。手数料考えず。)

入金した金額の範囲であればクレジットカードのようにお店で使うことが出来ます。マネパカードはマスターブランド(MasterCard)のマークがあるお店で使えます。

もちろんATMでも使うことができます。

クレジットカードの場合はキャッシング(要は借金!)になりますが、マネパカードの場合は、自分のお金を引き出すことになるので金利は発生しません。

注:別途ATMの利用手数料と両替手数料がかかります。しかしこれはクレジットカードでも発生します。つまりクレジットカードの場合はATM手数料+両替手数料+金利となります。

もちろん、アメリカだけでなく他の国でも普通に使えます。ATM引き出しの場合はもちろん、現地通貨です。

マネパカードを使うメリットは?

海外はクレジットカード文化なので、カードを使う場面が多いですね。我が家もクレジットカードを使っています。

でも以前、財布の盗難に遭って大変な目に遭いました。盗まれたカード、全て停止の連絡をしたりで。。それでも不正に使用されるんじゃないかと不安でした。

マネパカードなら被害は入金した金額の範囲内まで。万が一盗難に遭ったとしても損害は最小に抑えることが出来ます。(まぁ、その前にセキュリティがしっかりしているので被害には遭わないと思いますが。。)

念のため。。というわけではありませんが、我が家は、クレジットカード2枚とマネパカードを持っていくようにしています。

ホテル到着後、マネパカードはお守りとして部屋に置いて、クレジットカードを財布に入れてます。

使わなかったら使わなかったで、次回の旅先で使えばよいので。
(ちなみに年会費などの費用は発生しないので、持っていて使わなくても損はありません。)

マリオットインターナショナルプーケット

マネパカードは現地通貨に早変わりするカード

海外旅行はクレジットカードではどうしても支払いが出来ない時がありますよね。(屋台での支払いとか、怪しげなお店の場合は使いたくないし。。)

チップのある国ではチップを用意しなければならないので、どうしても現地通貨が必要になります。

当然、事前に日本の銀行や空港などで現地通貨を両替しますが、その時っていくら位用意します?我が家はいつも必要金額を誤って、多く残ったり、すごく不足してクレジットカードでキャシングしたりしてました。

でもマネパカードを持つようになってからは、最小限の両替にしています。(時には両替せずに渡航することも。)

で、足りなくなったらマネパカードでATM引き出しをしてます。

マネパカードの便利なところは、帰国後、現地通貨が余ることがほとんど無いということ。(足りなくなった分だけ、必要な分だけ引き出せるので。)

アメリカドルなどであれば次回行った時に使えますが、あまり行かないであろう国の現地通貨は余らせたくないですもんね。

ATMで自分のお金を現地通貨で引き出せる!とっても便利です。
この便利さを体験したら、マネパカードが手放せなくなりますよ。

マネパカード使い方

マネパカード最大のメリットは手数料の安さ

便利なマネパカードですが、マネパカード最大の魅力は手数料の安さです。

日本の銀行で両替することはもちろん、海外でクレジットカードで購入した商品にかかる手数料よりも安いです。

クレジットカードでショッピングした時の手数料って意外と高いんですよ。
:ハワイで10万円分の商品を購入した時の手数料は1,720円。
(銀行両替でキャッシュ払いなら2,740円の両替手数料。ちなみにマネパカードなら790円)

すべての場合(銀行両替、クレジットカードとの比較)でマネパカードの方が手数料が安いです。

オーストラリアドル(豪ドル)ならとんでもない差が!

マネパカード 評判

その他の通貨もシミュレーションできるので一度どれくらい安くなるか、公式サイトのシミュレーターで確認して見て下さいね。

マネパカード公式サイト

スポンサーリンク