ディズニークルーズ客室設備:まるで別世界!一度は体験しよう!ディズニー・クルーズライン旅行記その3

ディズニークルーズラインの予約から乗船までをご紹介してきましたが、今回は客室の様子についてお届けしたいと思います。

ディズニークルーズラインの客室

クルーズ客船の通路はディズニークルーズラインに限らず、こんな感じでとても長いです。(写真だと先の壁が見えるような感じですが、カーブしているだけで実際はこの3倍くらいの感覚です。)

ディズニークルーズライン通路

また逆サイドにも同じような通路があるので、よく方向感覚を失います。
(船首に向かっているのか、船尾に向かっているのか、わからなくなる。)
そんな時は、通路床の星の形で確認してくださいね。☆の模様の上が船首方向、下が船尾方向になります。(上の写真ならこちら側が船首、向こう側が船尾になります。)

クルーズ船内は意外と歩く機会が多いです。
なので同じグレードの部屋でも、エレベーターホールに近い方が価格が高めに設定されています。(逆を言うとエレベーターホールから遠い部屋は安い。我が家はもちろんこっち派。)

ディズニークルーズ客室

客室入り口から見た感じ。

部屋は贅沢にもバルコニー付きを選択。
部屋のグレードは(VIPタイプを除くと)バルコニー付き>窓付き(外には出られない)>窓無し(インサイドルーム:イン側に配置されている部屋)となっています。

ただ予約した時の感想で言えば、価格差は他のクルーズ船より少ないと感じました。なのでバルコニー付きの部屋はお得?かな。まぁ、一番設定が多いカテゴリーだからかも知れませんね。

ディズニークルーズ・オーシャンビュー

バルコニー側から見たらこんな感じ

以前、別の船でソファーなし(つまりベッドだけ)の部屋を利用したことがあったのですが、ソファーがあるのと無いのとでは雲泥の差です。絶対あったほうがいいです。とても快適です。

ディズニークルーズ客室

客室のTVモニターでは、当日のイベント情報や、ショーの予約確認、カードで船内で使った金額の確認などできます。

残念ながら日本語放送のチャンネルはありません。

電源は米国国内と同様の仕様(110−120V)です。カメラやタブレットなどの充電、ご自身で用意したドライヤー等を使わないのであれば変換器は必要ないと思います。(ドライヤーは部屋にあります。)

ディズニークルーズのネット環境について

気になる船内のネット環境ですが、もちろん洋上ではお持ちの携帯電話やルーターは使えません。(電波が届かないので当たり前といえば当たり前。)

となると選択肢は1つ。
ディズニークルーズラインが用意するWiFi回線を使うことになります。

ですがクルーズ船は衛星回線を使っているので、スピードは遅いし、しかも高い!
(Small 通信量100 MBまでで$19.00、Medium 通信量300 MBまでで$39.00、Large 通信量1,000 MBまでで$89.00 2016年現在)

動画などの鑑賞には向いていませんし、そもそも不経済です。
もし利用するならSNSやメールの送受信、WEBページの閲覧程度で我慢しましょう。

ちなみにSNS(FacebookやLINE)の無料通話を使えば国際電話(しかも衛星回線)より安く通話できます。(確か国際電話は1分間で$10程度だったと思います。)

その他の室内設備

ディズニークルーズ・ベッド

ベッドはおそらくクイーンサイズだったハズ。

ベッドメイクは1日2〜3回入ります。
プールに行っている間や、ディナータイムは確実に入ります。
もちろんカードで不在時を確認されてますので、かち合うことはありません。

あ、でも初日に部屋の担当者の自己紹介があるので、誰がベッドメイクをしているか分かりますよ。

ついでの補足

ディズニークルーズラインのサービス係はすべて担当が固定されています。
部屋担当が◯◯、サーバー(ウエイター)が◯◯、サーバー責任者◯◯・・・というように。

だから、ディナー時のレストランとテーブルナンバーが予め決められているんですね。
担当が決められているので、毎回同じ顔ぶれになり、コミュニケーションがいい感じになります。

チップはその都度ではなくて、最終日に封筒に入れて渡します。(いくら入れて良いのか悩みますが。。)

ディズニークルーズ トイレ

トイレと風呂(シャワー)はセパレートしています。
ただトイレは少し狭いかな。
便座の蓋を閉じないと水が流せないようなボタン配置になってます。

ディズニークルーズ バス

お風呂は全く問題ありません。快適に使えます。

ディズニークルーズ バルコニー

意外だったのがバルコニー。
いつも出歩いていたせいか、あまり使った記憶がありません。
(水着を干していただけのような。。。汗)
我が家は特に無くても大丈夫かな。

ディズニークルーズ アメニティ

アメニティーはアウラニなどディズニーホテルでお馴染みのH2O+。
普通のブランドなので気軽に使っちゃいました。

ディズニー・クルーズライン客室

ディズニークルーズラインのロゴマークが入ったバスタオル。
とても大きく厚みがあるので重いです。

ディズニーのキャラクターたちと一緒に夢と魔法のクルーズへ!

次の記事

今回はクルーズ船内での過ごし方について書きました。 クルーズ船内の食事は基本的に無料! クルーズ旅行のお楽しみと言えば食事。 ディズニ...
→ディズニークルーズライン旅行記を最初から読む

スポンサーリンク