JWマリオット・プーケット・タイムシェア体験宿泊を申し込んでみた!その感想と注意点

日本でタイムシェアといえば、ヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)が有名ですが、世界的にはマリオット系のマリオットバケーションズクラブ(MVC)の方が有名かも知れません。

今、日本でマリオットのタイムシェアを検討するとしたら、ハワイのコオリナかプーケットになると思います。
当然のように両施設ともに体験宿泊のプランが用意されています。

そこで今回は、プーケット島にあるマリオットの体験宿泊を利用した時の感想と注意点について投稿したいと思います。

マリオットバケーションズクラブの体験宿泊とは?

JWマリオットプーケット

体験宿泊の詳細はこちら

タイムシェアの購入を検討している人に対して格安でタイムシェア施設に宿泊できるサービスです。

タイムシェア用の部屋はホテルの客室とは違い、フルキッチンやリビング+複数ベッドルームなど、とても広い客室になっています。

その広い部屋を4泊して$499は超格安です!(おそらく通常の1泊分の価格にすら届いていないでしょう。もちろん2名分5日間の価格です。)

これは、この体験宿泊に申し込むと必ず現地説明会に参加する!という条件が前提なので実現している格安価格です。

申し込む際の注意点

この体験宿泊の詳細な特典は以下の通り。

特典
4泊5日 マリオット・マイカオ・ビーチ2ベッドルーム宿泊
プーケット国際空港 −施設間往復の送迎
3つの中から選べる特典(2名様分)
毎朝食/マンダラ・スパ/ゴルフ・プレー

2ベッドルームなので、最大6名まで申し込みことができます。(6名参加だと1人あたりなんと$84!2人はリビングのエクストラベッドで寝ることになりますが。。)

またマリオットは国際空港から結構離れた場所にあるので、往復送迎はありがたい。。と言うよりこれは無いと困りますね。

で、3つの中から選べる特典ですが。。。
これは極力朝食を選びましょう。(私が利用した時は朝食設定が無かったので自腹でした。。)

マリオット・プーケットは大人のリゾートなので周りに何もありません。(本当に何も!)
ですので、食べられる場所がホテルしかありません。他の観光地のように周辺で朝食を手軽に済ますことができないです。

逆に言うと、マリオットホテル(しかもJW)の朝食が楽しめる機会はそうそうないと思うので、ここは朝食を選択してくださいね。

JWマリオット・プーケット・タイムシェアの施設紹介

さてここからは、マリオット・プーケットの施設紹介を。
(あっ!でも今回用意している写真はホテルサイドの写真でした!すみません。)

ちなみに、JWとはマリオットホテルの中でも上級クラスのホテルに対してつけられるブランドです。
(タイムシェア施設が併設されているマリオットは、ほぼJWです。)

タイ国際空港

プーケットへの直行便は少なく、多くはタイ経由で。

マリオットウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク

プーケット国際空港から車で15分で到着します。

チェックインはロビー前の落ち着いたローテーブルで。
ウェルカムドリンクは。。。どんな味だったか忘れました。
(東南アジア系のホテルでは割とよく出るタイプのハーブ系のドリンク。)

JWマリオットプーケット

ウェルカム。。うーん。

ロビー前の池(プールではないと思う。)で演奏が行われてましたが、お面が。。怖い。

mariotto Phuket

リゾートホテルおなじみの。

mariotto Phuket bed

ベッドルームは、アジアンテイストで落ち着いた内装。とてもゆったりと過ごせる感じです。

JW MARRIOTT PHUKET RESORT & SPA

今回はホテルサイドの写真です。(すみません!)ホテルなのでドリンク関係もこの通り。もちろん(ほぼ)有料。

マリオットインターナショナル

マリオットインターナショナルプーケット

マリオットアメニティ

JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ

ホテル客室ですが、リラックススペースもあります

JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ プール

プールは意外と小さいかも。(いや、横に長いのか。)

プールバーマリオット

リゾートホテルにたまにある、プールインバー。かっこいいけどドリンクを飲むと寒くなる

プーケット朝食

写真が少ないので伝わりにくいですが、朝食の品揃えは豊富です。

マリオットプーケット朝食

これ、チーズだったと思います。チーズだけでも数種類。

プーケットマンゴー

東南アジアのフルーツは甘くないことがあるんですが、これはとても甘かったです。

JWマリオット・プーケット・タイムシェアその他のお話

プーケットやハワイのタイムシェア付きのマリオットはJWが付いているので、少し高級です。
ですので、場所も比較的静かな場所にあります。

静かな場所=人が少ない=繁華街が近くにない。状態です。

またホテルの周りにはお店は無く(もちろんコンビニも!)、車がなければホテル周辺で何もすることがありません。

ですので市内に出るにはシャトルバスを利用することになります。
プーケットタウン行き、パトンビーチ行き、セントラル行きがあります。

せっかくプーケットに来たのですから、ショッピングやビーチを楽しみたいですよね。

パトンビーチ

JWマリオット・プーケット・タイムシェア体験宿泊まとめ

この体験宿泊はとってもお得です!
(実際にお金を出して宿泊することを考えたら激安!)
プーケット旅行をするなら一考ありのプランだと思います。

ポイントはタイムシェアの現地説明会をどう捉えるか?ですが、これに関してはメリットデメリットがあるので、よくご検討くださいね。

オススメの記事

ハワイに行くと必ずセールスされるタイムシェアってどうなの?にお答えします。
スポンサーリンク