オーナーサイドから考えるタイムシェア- timeshare 3時限目

前回、「タイムシェアはセールスマンが言うほどお得でありません。」というお話をさせて頂きました。

前回の記事

ハワイに行くと、かなりの確率で営業される「タイムシェア」について、損か得か?の観点から判断してみました。

でも、満足している人もいる。というのも事実です。

別の角度から見る事は出来ないのか?ということで、今回はメリット編です。

我が家も実はヒルトンのタイムシェアを持っています。

なので、今回はオーナーサイドの話。
オーナーなのでちょっと贔屓めに書いているかも知れませんので予めご了承を。(笑)

Maupiti - The Unspoken Paradise

スポンサーリンク

部屋の充実度が違う

金額ベースだけで判断すると、前回の投稿でもお話しましたが間違いなく「損」
これは間違いないと思います。

でもちょっと見方を変えて、タイムシェア(Timeshare)の部屋の充実度という観点から見てみたいと思います。

前回の「損か得か?」の事例では団体ツアーとの比較をしました。

結果「ツアーの方がお得。」と結論付けましたが、1つだけセールスマン(バケーションセラー)の言っていることを掲載していませんでした。

それは

部屋のグレードが全然違うこと

です。部屋のグレードは一般的なホテルとは全く違います。

IMGA1883

ハワイで大きな部屋に泊まる希少性

パッケージツアーではホテルグレードの違いがあるとはいえ、一般的なホテルに宿泊することになります。

通常ホテルの部屋は、ベッドと簡易デスクがあるだけの1ルーム(40㎡〜50㎡程度)といったところでしょうか。

対して、タイムシェアで用意されている部屋はベットのある寝室とは別にリビンク、キッチンや洗濯機などを備えたフル装備の部屋。広さは最小でも70㎡からになります。

もちろん2ベッドルームクラスなら、お風呂、トイレもそれぞれ2つあります。2ベッドルームだと100㎡を越えてきます。それくらい広いとグループで行ってもプライベート空間が十分保たれます。

また共同オーナー制の別荘という位置づけなので、使われる調度品も豪華です。

パッケージツアーではコンドタイプの部屋を予約しない限り、このような大きな部屋は確保できません。一概に金額ベースだけで比較すると、タイムシェアの部屋は広くて贅沢な分、割高という結論になってしまいます。

ハワイのワイキキは、世界から人が集まる人口密集地域。
実はワイキキには広い部屋のホテルが少ないです。(あるにはあるがとても高い!!)

「予算を少し追加するだけで、豪華な内装で広く希少性の高い部屋に宿泊出来る。」ということに魅力を感じる方なら、タイムシェアは「お得」なシステムと言えます。

何度もハワイを訪れる方には、「充実した日を過ごす」ということに重きを置く方も多いので、タイムシェアはこの辺りのニーズにもマッチしています。

また4名以上など多人数で旅行に行く場合は、単純にタイムシェアの部屋の方が得になるケースもあります。
(1ベッドルームクラスで4名宿泊、2ベッドルームクラスで最大6名程度宿泊できるため。)

タイムシェアの一般的なリビング&キッチン。とても広い

タイムシェアの一般的なリビング&キッチン。とても広い

タイムシェアの損得まとめ

「得か?損か?」の判断は「何に満足を感じるか?」で変わる。
最後に我が家の感じ方を例にお伝えしたいと思います。

旅先での過ごし方の変化

我が家はタイムシェアを購入するまでは、「ホテルで過ごす。」なんてことは考えられませんでした。

ハイクラスなラグジュアリーホテルならまだしも、いつも利用してる安いツアーで宿泊するホテルは、眺望はおろか窓から見える景色は隣のホテル、もっと場所が悪ければ、夜の喧騒が聞こえる。。と言う感じでしたし、ホテルの部屋を楽しもうという考えが起こりません。ただ単に寝に帰る所、休憩する所と思っていました。

そもそもハイクラスなホテルに宿泊するという事は、旅行のプラン段階で候補から消えてます。笑

でもタイムシェアなら、すでに宿泊先は決まっています。
しかも部屋が贅沢に出来ているので、つい部屋でゆったりしたくなります。

キッチンで料理したり、専用プールもあったりして、1日ホテルから外に出なくても満足出来ます。とても贅沢な時間が流れます。

タイムシェアを購入する前は、「今日はどこ行く?」だった夫婦の会話が購入後は「今日は何する?」に変化しました。

些細な変化かもしれませんが、充実度の変化は大きいです。

旅行に対しての考え方

我が家ではここが一番の変化だったかも知れません。

タイムシェアの仕組みは、「毎年一週間施設を使える。」ということです。
言い換えれば、使わないと失効するということ。なので、半ば強制的に旅行のプランを計画します。

タイムシェア購入前はほぼノープラン。行き当たりばったりで旅行を決めていたような気がします。
タイムシェア購入後は、旅行のプランはとても計画的になりました。

「来月、少し仕事が暇になるから旅行にいくか!」

から、

「◯ヶ月後の◯月にラスベガスに行こう!」

に変化しました。

かなり先の予定です。なかなか難しいことだと感じられるかも知れませんが、意外と先に予定を立てておくとすんなりと行けるものです。(予め周囲に休みの取得を宣言したり、予定日までに仕事を頑張ったり。。笑)

おかけで、夫婦の共通の目標「◯ヶ月後に旅行に行く」ができ、結果夫婦のコミュニケーションがとても多くなりました。(旅行について、あーだこーだと予定を立てる事自体が楽しい。)

Paris, Las Vegas

今回はオーナーサイドから見たタイムシェアシステムを考えてみました。

結局のところオススメなの?ということになりますが、そんな結論ではありません。(笑)

次回はいよいよ最終回。「タイムシェアの本質。ぶっちゃけどうなの?」をお送りします。

次の記事

今回はタイムシェアってどう?シリーズの最終回となります。 最後なのでもう少しだけタイムシェアというシステムについてフカボリしてみた...
→タイムシェアシリーズを最初から読む

スポンサーリンク